1月17日、
目黒ブルースアレイジャパンにて開催された
「サトジュン音楽祭」にサプライズ出演させていただきました!

中島ノブユキさんの、ピアノとともに…
「夏鳥」
「ありがとう」
聴いていただきました。
どちらも強い思い入れのある曲です…!

私にとって「たまゆら」との出会いは、
とても大きな転機でした。

佐藤順一監督のつくる、優しさあふれる世界
そのなかにある笑顔はもちろん、
切なさやかなしみ、それを乗り越えて進み出す強さ
様々なシーンの、キャラクターたちの想いを
歌にぎゅっと込めるということ。

エンディングテーマや挿入歌を担当させていただくなかで
作品を通して、
本当にたくさんのことを教えていただきました。

日常のなかに必ずある、
ちいさな幸せだったり
くすっ、と笑顔がこぼれるような出来事だったり

どんな時でも、
そういう温かさを見過ごしてしまわないように
何気ない毎日をたいせつに。

「たまゆら」と出会って、そう気づいた、そう思えるようになったことは
私にとってとても大きな出来事だったのです!

感謝の気持ちを込めて、
客席で見守ってくださる監督へ、歌を届けることができて本当に幸せな時間でした✨

中島ノブユキさんとも、作品がはじまった頃から
たくさんのライブやイベントでご一緒させていただき
本当に感謝しています。
ノブユキさんのピアノの音色、
テンポ感、楽曲の表情……
美しく、強く優しくて、いつも感激してしまいます……!

これからも、「たまゆら」で出会うことができた楽曲を
大事に、大事に歌い続けていきたい!と
あらためて強く思った、そんなステージでした!!

私は、やっぱり、歌うことが大好きです!
私の歌を聴いたとき、
作品の中の素敵なシーンや、竹原の風景をふと思い浮かべてもらえるなら、こんなに嬉しいことはありません。
しみじみと実感しました……幸せだ☺️

素敵な機会を、本当にありがとうございました。💕

Share on Facebook2Tweet about this on Twitter0