先週末はとっても幸せな時間でした…
いま思い出してもぐっとくるくらいに!

10月6日は
「風街ガーデンであひませう 2017」

ランカ・リー=中島愛としてのデビュー曲、
生まれて初めて私がリリースしたシングルである
『星間飛行』

2008年発売のこの曲、
レコーディング当時わたしはまだ18歳でした。
もともと、小学生の頃からファンとして松本さんの詞にふれてきたので
デビュー曲を書いていただけるということが
一体どれほど奇跡的な出来事なのか、
その喜びをめいっぱい感じてはいたのですが

あらためて、心の深いところで
曲がもつ意味や重みを
今回のライブでひしひしと感じられました。
重みといっても、いやな意味では決してなくて
松本さんの言葉は、時代を超えて輝き続け、メッセージは色褪せず残り続けるということです。
そして、幸運にもその言葉のバトンを
歌い手として受け取ったのだから、
大切に大切に、歌い続けていくんだと。

このライブで、素晴らしいアーティストやミュージシャンの方々とご一緒できて
その背中や、パフォーマンスから、大事なことをたくさん教えていただきました。

すごく素敵な時間でした。

しかも…
松田聖子さんの
『瞳はダイアモンド』

カバーさせていただきました…!
あああ…こんな日が来るなんて。
もちろん、嬉しい叫びです。

カバー曲は自分で、自由に選曲していいということで
悩みに悩みました。
子どもの頃からずっと、歌うことの楽しさや素晴らしさをたくさん、たくさん教えてくれた
私の原点、松田聖子さんの曲にしようと決めて。

好きな曲がありすぎて、
そこからまた迷いに迷いましたが

歌手を目指していた頃にずっと練習していた
思い出の曲、『瞳はダイアモンド』に決めました。
ステージで歌いながら
15歳のわたしと28歳のわたしが
重なるような感覚がありました。

ツイッターにも書きましたが
まさに、幸福すぎて溶けてしまいそうな
一日でした。

松本隆さんに、このご縁に、
すべての方に、
感謝の気持ちを込めて。

ありがとうございました!!

1012_1

1012_2

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0