いよいよ明日、ラブリー・タイム・トラベル発売!

このタイミングで、
私にとって夢のような時間だった
「西川貴教の僕らの音楽」そして
「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT
あらためて振り返ってみたいと思います。

ちなみに、すっごく、長いです。
長いんですけど、いっぺんに伝えたいと思ったので、分けずにひとつのブログにしますね。ゆっくり読んでもらえたら嬉しいです。

僕らの音楽は10月後半の収録、
フォーク村は1213日に生放送でした。
本放送、再放送含めご覧いただいた方も多いのではないかと思います。ありがとうございます!!

昨年末はこの番組に出られたということがまさか過ぎて、自分の中で現実に起きたこととして受け止めきれない感じがありました、、、幸せが大きすぎると、何が起こっているのか分からない感じになりますね……

はじまりは、武部聡志さんのラジオに呼んでいただいたこと。
私は、好きな音楽を好き!と言い続けてはきたけれど、自分の言葉でそれを、しかもつくった方の目の前でお話するのはやっぱりとても勇気が要るんです。

でもあのとき勇気を振り絞って、いかに好きかということをしかも「AXIA 〜かなしいことり〜」のお話をして、武部さんも嬉しそうに微笑んでくださって。

武部さんが別れ際にいつか音楽番組でと言ってくださったことに感動して、ああここから、じゃあ目標としては五年以内にテレビに出られるように頑張ろうと心に決めた(何事も長いスパンで考える私)んですよ。

そしたら、ええ〜〜〜!!!!!!!

「西川貴教の僕らの音楽」で斉藤由貴さんとデュエット!?しかも!?えっ!?
AXIA 〜かなしいことり〜」を!?!?!?

信じられない、けど現実でした。
すぐに歌い分けの歌詞が届いて、この曲の歌詞の横に【中島】と書かれている箇所があるという事実にクラクラしてしまうほど……

ちょうどミニアルバムの制作期間でもあり、カバーするということにグッと向き合っている時期だったので、運命的なものを感じながら必死に練習。

当日は、まずはじめに「知らない気持ち」「星間飛行」をソロで収録。この時点で舞い上がっちゃうし緊張するしで心が大変いそがしい。武部さんが、、私の曲を演奏してくださってる。ああ!!加藤いづみさんがコーラスをつけてくださってる!!あまりにも嬉しくてまたまたクラクラしつつ、
ここからデュエットの収録、という流れでした。

斉藤由貴さんは、本当に美しくて、優しくて、柔らかさの中にスッと強いものが通っている、そんな方でした。歌っている時も、お話されている時も。

斉藤さんが言葉を発すると物語になる。

魔法みたいでした。すぐ隣でそれを感じられた私はなんてラッキーなんだろう、ってずっと噛みしめて。

当日まで、色んなことをすっごく迷いました。
私はずっと前から原曲が大好き。たくさんたくさん聴いている。
世界中に、同じ思いの方が溢れていると思います。だからこそ、カバーをさせていただくにあたって、どんなふうに臨めば良いのかと。

でも、斉藤由貴さんの隣に立った瞬間、それまで自分のなかでごちゃごちゃと考えていたこと全部吹っ飛びました。あっ、もう、好きっていう気持ちしかない。

好きっていう気持ちしかない。
でもこれが、私が表現できる一番のなにかなんじゃないかな。

そう思ってからは、もう愛情に愛情を重ねて重ねまくって向き合う、その一点にひたすら集中できました。

「中島さんと一緒だって聞いたから、今日、ここに来ました」

斉藤由貴さんが伝えてくれた言葉が、大切な宝物になりました。

オンエアを観たら、歌い終えた瞬間の私の表情、すんごい。こんなに幸せそうな自分の顔はじめて見た。
一夜限りの夢を見させていただいたなぁ……ああもうこれを糧にずっとがんばれるなぁ……

と思っていたら。

ほんの、ほんの一ヶ月ちょっと後、
「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」そして
「きくちから」出演のお話をいただいたのでした。

私の人生に一体何が起こっているんですか!?!?!?

舞い上がりそうになる自分と、こんなに願いがいっぺんに叶うなんて少しこわい、と思う自分と。
でもでも立て続けにこんな機会、なかなかない!すごい!ぎゃあああああ〜〜!!!!!と脳内お祭り状態。うおおおおおお!!!!!

坂崎幸之助さん、加藤いづみさん、ももいろクローバーZのみんな、ダウンタウンももクロバンドのみなさん、

松本隆さん、鈴木茂さん、クミコさん、斉藤由貴さん……
しかも生放送、しかも観覧のお客様もスタジオに!
なんと!いう!ことでしょう!!!!!

番組サイトには、
錚々たる方々のお名前と並んで中島愛

それを見るたび「ちょっと何言ってるかわからないです」と私の中の富澤さんが呟く……これ、現実?
っぽい。だって載ってるもんみんなが見る公式サイトに。

生放送当日の朝、フジテレビさんに入り「きくちから」の収録からスタート。
こちらは1/31()にフジテレビNEXTにて20:00〜オンエアなので絶対みてね!!

私の大好きなアーティストさんも出演された番組に出られる!しかも、きくちPと音楽の話をいっぱい出来る!と大興奮でした。写真を見るだけでも、わたくし、実に嬉しそうに喋っている……だいぶニヤニヤしている。この様子、詳しくはオンエアでね。

「きくちから」収録終わり、そこからフォーク村リハーサルです。もちろん生バンド生演奏、ほとんどがカバー曲、スタジオにいる全員がものすごい熱量です。
みんなが集中して、たっぷり取っていただいているとはいえ本番前の限られた時間の中で一曲一曲を仕上げていくわけですが、
坂崎さんやももクロちゃんがほがらかに迎えてくれるので、笑顔満載で進むリハーサル。

ももクロのみんなとは本当に久しぶりに会えました。
もちろん私にとってもスーパーアイドル!!ずっと画面の向こう側から応援していたわけなんですが、みんな10年前の私のライブに出てくれたりした頃のことを覚えていてくれて、色々話しかけてくれて、どれだけうれしかったか。

ももクロちゃんはパフォーマンスにも普段のお喋りにも振る舞いにも、きっとずっと変わらない人間性があらわれていて、だから世界中に愛され続けるんだなってあらためて実感できました。感動。可愛いのはもちろんなんだけど(私はずっと「可愛い……可愛い……」と思いながら横で見つめていた)(なんて幸福)でもそれだけじゃ決してない。だからスーパーアイドルなんだ。忙しいなか本番前もずっと楽器の練習をして、歌リハーサルも全力でして。尊敬しかありません。

いざ生放送が始まったら、三時間超のステージはあっという間でした……!自分どのくらい緊張するだろう……とソワソワしていたけれど当然のごとく超緊張いたしました。ふるえた。でも少しずつ、少しずつ「たのしい!」が上回っていく。

松田聖子さん「Kimono Beat
薬師丸ひろ子さん「メイン・テーマ」
斉藤由貴さん「卒業」
ランカ・リー=中島愛「星間飛行」
ももいろクローバーZ「今宵、ライブの下で」

私は5曲に参加させていただきました。

Kimono Beat」「メイン・テーマ」はソロで。
どちらの曲も中学生の頃からずっとずっと歌い続けてきた曲で、まさか今までのようにひとりカラオケではなく、家でもなく、デビュー前の事務所の歌発表会でもなく、テレビで歌わせていただけるとは!
中学生の中島愛、観てるー!?!?!?って気持ちで歌いました。こんなことってあるんだな

「卒業」は、

「卒業」は、、、

私がこれはきっと一夜限りの夢と思っていた、あの、斉藤由貴さんとのデュエットが再びテレビで実現、しました……

リハーサルの際に、斉藤さんが「今日、また会えるの楽しみにしてました」って微笑みながら言ってくださって、しかも私にだけ聞こえるような声で。リハから胸がいっぱいになってあわあわしてしまったけれど、こんな機会を再びいただいて感謝の気持ちしかありません。

物語を紡ぐ唯一無二の歌声。わたしも出来ることなら時を止めたかったくらいのひとときでした。

「星間飛行」は、あーりんとデュエット!
自分の今までの道のりとつながるような瞬間をつくってもらえて、感慨深かったです。あーりん可愛い。本当は正面からあーりんが歌っているのを見ていたかったくらい。
そして、私も10年間、自分なりに頑張ってきてよかったなって思いました。

最後、みなさんと一緒に
「今宵、ライブの下で」

音楽が好きだな。
歌うのが好き。ライブも、昔はすごくこわかった。ステージに立つことがこわいと思うことも(本当に情けないけど)いっぱいあった。
でも、音楽が好きだな。

この曲を歌いながら、歌詞のひとつひとつをなぞりながら、そう思いました。

そして……そして。

この日はずっと、同じステージ上で、
松本隆さんが観てくださって、見守ってくださっていました。

私の人生が変わった「マクロスF」「星間飛行」との出会い。
デビュー曲の歌詞を、大好きな松本さんに書いていただけるという幸運。
大切に歌い続けながら、きちんと成長した姿で、いつかまたお会いすることを目標に……と思ってきた私。

それが2017年の「風街ガーデンであひませう」で叶い、そして今回のフォーク村で再び叶い。

優しく見守ってくださり、放送終了後にもあたたかい言葉をかけてくださって、この上なく嬉しい気持ちと、また一から頑張るんだというピリッと引き締まる気持ちと。
しかも、本「音楽が教えてくれたこと」もお渡ししたんですよ……ご本人に手渡せる日が来ようとは……!!わああああ!!

人生、思いもよらないことが起きるものですね。
2018
年末は立て続けにチャンスを貰って、今まで自分の中には無かったフィールドへ、えい!と飛び込む、飛び込みまくる期間でした。
2019
1月、いまもそれが続いてる。うれしい。ありがたいことです。

大好きな音楽と向き合うということ。
大好きな曲をカバーさせていただく、ということ。

に、スタジオ内外でみっちりと取り組むことが出来ました。そんな中つくれたカバーミニアルバムだから、感慨もひとしおです。

ましてセルフプロデュースなんて、今までだったら絶対やれなかった。やる?と言ってもらっても挑戦する勇気がなくて断ってたと思います。でも、今だから、チャレンジできた。
たくさんの人にぐぐっと支えてもらって、さらに背中をポーン!と押しまくってもらって、完成しました。

明日ついに発売日か。
中島愛としてデビューしてから10年の記念日。
私にとって最高のご褒美であるカバーミニアルバム、
あなたの心にも届きますように。

ここまで読んでくれてありがとうございました!!