Artist management unit. a division of Victor Music Arts, inc.

MESSAGE

2017.06.15

”クロニクル”

今日もおつかれさまでした!!

最近の東京は、夏に近づいた…?かと思いきや突然涼しくなったり、まだまだ気温差が激しいけれど
あなたの住んでいるところは、どうかな?
体調崩したりしてませんか?

私は、ライブが終わった直後
やりきった!感が自分の中で溢れたのか、
ほんの一瞬、抜け殻のようになっていましたが、、

いやいやいや!やりきったなんて思ってぬくぬくしている場合じゃない!!と目がパッと覚めまして
これから、にモードを切り替えて進んでます。

でもこういう時期こそー!とも思い
色々読んだり聴いたり。

最近は特に
大好きな小泉今日子さんが書かれた本や、特集されている雑誌などなどを読み返す時間が至福の時で。

ライブ前は、
『人生らしいね』をずっと読んでました。
1988年の本ですね。
コンパクトだけど凄まじく濃い文章と、キョンキョンさんのモノクロの写真が載っていて
もちろん見て楽しく、開くたびに可愛く、
そしてさりげない言葉の重みがずしっと。

この本に出会ってからはまだ10年経ってないくらいなんですけど、本当に本当に大好きな一冊です。
誰もが抱える疑問と、誰もが知りたい正解の両方が、この中に詰まっている気がする。

大切なことがある前に必ず読み返しています。

そしてライブ後は
ずっと楽しみにしていた
『コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~』を堪能!
初回限定盤の特典であるシングルメイキング本(情報量が半端じゃない!最高です)を、曲を聴きながらがっつり読む日をずっと待っていたんですよ。。
ライブが終わってからの、自分への誕生日プレゼントにしようと思ってあたためていました。

82年リリースのデビュー作から1枚ずつ、
シングル制作における細かなエピソードが、ご本人からだけでなく携わった方それぞれの目線からも語られるというのは!貴重な一冊…!!
どんどんページを繰りたくなる気持ちを抑えながら、できるだけゆっくり、じっくり読み進めました。

”証言者”のみなさんの中に、ディレクターさんやエンジニアさんなど、私も普段からお世話になっている方がいらっしゃって
夢と現実が、憧れの時代といま生きている時代が繋がったような、不思議な感覚になりました。

ちょっと話は変わりますが、、
レコーディングスタジオとか、ライブ会場とか、
いまでも行くたびにドキドキするし緊張するし、嬉しいんです。
良いのか悪いのか分からないけれど、色んな意味で慣れないんです。居心地は最高なんですよ、でも、子供の頃から音楽が好きな自分にとって、いつまで経っても夢の空間なんです。
あの名曲が生まれたあの部屋!
あのひとが立ったあのステージ!

そんな、ファンとしての気持ちと
端くれだけれど、いまは自分も、歌を歌わせてもらってるんだなぁ、、なんか未だ信じられないような、、夢か、、という気持ちと。

ふたつの視点、それぞれの気持ちが混ざり合いながら、夢中で「コイズミクロニクル」聴き、読みました。

ちなみにシングルで好きな曲、どれも本当に好きなのでなかなか絞れないんですけど、
いま!聴いて沁みてくるのは特に『優しい雨』です。

子供の頃に初めて聴いたときの印象と、
大人になったいま聴く感触は、全然違う気がする。
シンプルな言葉が刺さり、でも心が洗われるような。
今夜もじっくり聴いてから寝ます!

TOP